UPDATE INFORMATION

メルセデスベンツ 4AT オーバーホール

4速タイプのオートマチックトランスミッションのオーバーホールでは、ATを全て分解後、点検・洗浄を行ない、消耗品・対策品への交換を実施します。繊細なメルセデスベンツの機械式4速オートマチックトランスミッション。このオーバーホールでは、まずお客様よりトラブルの症状を聞き取って、ATを全て分解した後、点検・洗浄を行ない、問題点と原因を確認します。そして消耗品を交換し、必用な部分には対策品を使用します。組み付け時には、各規定値により正確に組み上げる必用があります。バルブボディも同様に、点検・洗浄・組み付けを行ないます。
302,400円(税込)

 

ミッション脱着
お客様から症状を聞き取り、メカニックがロードテストで確認した後、ミッションの取り外しを行ないます。

ミッション分解
ミッション本体を分解し、ATFの状態、スラッジの有無を確認しながらトラブルの原因を特定します。

パーツの洗浄
分解したパーツを洗浄し乾燥させます。よく乾いた状態で、傷や減りなどを再確認いたします。

シール類の交換
オーバーホールキットを使用し、各パーツに新しいシールやガスケットを装着します。

クリアランス調整
シール類を交換した後、ディスクやバンド類(消耗品)を装着するにあたり、クリアランスの調整が必要になります。

ミッション組み付け
各ユニット単位で組み上がったパーツを、ミッション本体に装着していきます。 バルブボディのオーバーホール 全てのバルブ、スプリングの洗浄を行ないます。バルブボディ本体に多くのスラッジが付着している場合、洗浄剤にてクリーングをします。

オーバーホール後の調整
オーバーホール完了後、車輌に装着して変速ポイントやシフトショックの適正化を行なうため、念入りなロードテストを実施します。ここでのセッティングが、フィーリングに大きく影響するため大切なのです。